八王子ロフト店 店頭インタビュー

namaketaro

販売中の『なまけたろう』

多くの方々の熱い声に支えられ、あの「なまけたろう」たちが売り場に帰って来 ました。
さっそく、八王子ロフトをおたずねしました。

ロフトはご承知の通り生活雑貨の大手チェーンショップでほんやら堂も長らく大 変お世話になっています。その中で特に力を入れてくださっている八王子ロフト の花岡さんにお話をうかがいました。

– なまけたろうは2001年からPCまわりの商品から販売され、ほんやら堂のヒット 商品となりましたが当時の思い出はありますか?

花岡「大人気で苦労せずに売れた商品ですね。若い女性にも人気がありましたが 30代から40代の女性にも人気がありました。」
– こういうキャラクター商品はお店の中でどんな位置づけですか?

花岡「キャラクター商品の常設売り場がないせいか入ってくるとよく売れます。
どこにでもあり、評価もすでに定着している世界的に著名なキャラクターでもな く、真新しいキャラクターでもなく、ほど良い感じです。良い意味でのドキドキ 感があるというか。。。新しいキャラクターですと3ケ月ぐらいで終わってしま うのものも多いです。なまけたろうの場合は以前からのファンの方がたのみなら ず、新しいファンもできてどんどん続くといいですね。」

manager

お話しをうかがった花岡マネージャー

– 今回のカムバックでは5アイテムしかありませんがどうでしょう?

花岡「もっとあるほうが売り場としてはうれしいですね。
たくさん売れてほんや ら堂さんがアイテムをふやしてくれることを期待しています。」

– これから秋冬にかけてギフトシーズンが来ますがなまけたろうはどちらかと言 うと女性向けとは思いますが、男性向けのギフトとしてどう思われますか?

花岡「夏場は圧倒的に自分用に買われるお客様が多いですが、秋冬はギフトも多 いですね。男性が自分用に買われることもあります。男性向けのギフトとしても 喜ばれるのではないでしょうか。私ならもらったらすごくうれしいですけど。」

-ありがとうございます。なまけたろうをよろしくお願いいたします。

花岡「わかりました。なまけたろうの「おかえり。」というタイトルの絵本がありましたね。まさに「おかえり」という感じです。

loft

八王子LOFT店内風景

お話の後、花岡さんに売り場を案内していただきました。
なまけたろうたちはお店の中でも通路に沿った一等地にお家(特別の棚)を作ってもらいご満悦でした。

女性のお客様が入れ代わり立ち代わり立ち止まって見てくださっていました。
なまけたろうたちにそれぞれ新しい家族ができるのももうすぐのようです。
八王子は戦国時代は城下町、江戸時代は宿場町だったので歴史的な名所が多く、 養蚕業や絹織物業も盛んでした。

高尾山・陣馬山と行楽地もあります。また大学 が23もある全国有数の学園都市でもあり、東京都のベッドタウンでもあります。

近くにお住まいの方、通勤通学をされる方、レジャーで行かれる方、ぜひJR八王子駅のCELEO北館6Fにあるロフトにお立ち寄りください。

celeo

セレオ八王子